ウォーターヒヤシンス|ニトリ・バリ・アジアン家具

MENU

スポンサードリンク

ローソファ(ヒヤシンス)


>>詳しくはコチラ

 

アジア家具のソファーはバリ島テイストやモダンアジアンなど幾つかの種類があります。バリ島家具はダークブラウンカラーでデザインも独特なので、自宅の部屋に置く場合、他のインテリアとのコーディネートとマッチさせるのが難しい。その点、モダンアジアンテイストなら通常の部屋でも簡単にインテリアコーディネートが可能で、なおかつリゾート感覚あふれるものが多いので、通販ではこちらの方が人気となってます。

ウォーターヒヤシンス ソファ


>>詳しくはコチラ

 

ウォーターヒヤシンスソファはアジア家具雑貨のなかでも、上位ランキングの売れ筋。アジアリゾートでも定番のウォーターヒヤシンス。この素材は天然素材と合成の2のパターンがあります。ウォーターヒヤシンス天然素材は雨に打たれると、カビなどの発生原因になるので、カフェやホテルや野外で使用するところは合成素材を使用しているところが多い。自宅で室内で使用するなら、天然素材で問題ありません。

アジアン雑貨 ソファ

モダンアジアン家具! アジアン雑貨でも販売されているソファ関連。ウォーターヒヤシンスや一人用のコンパクトが主流。ファッションや雑貨とコーディネートできる家具を選ぶ方が多いため、デザインよりカラーコーディネートで合わせる方が簡単。アジア家具と雑貨の専門もあるので、ここで基本的な商品選びをして、通販で好みの商品を探すも有効な方法。

>>詳しくはコチラ

アジアン家具のインテリア

アジアン家具といっても複数あり、生産国はインドネシア、ベトナム、タイ、マレーシアなどが多い。またバリ家具に代表されるダークブラウンの濃いカラー、手掘りデザインもあれば、モダンアジアン家具といった、少しシンプルなアジアンテイストもある。カラーとしてはダークブラウン、ブラウン、ライトブランの3カラーがメイン。また、素材はウォーターヒヤシンス以外では、バナナリーフ、ラタン(籐)があり、日本ではラタン素材が一番使用されている。ホテルや旅館でもラタン家具のテーブル、チェアーがあるところもめずらしくなく、ラタンの手入れがウォーターヒヤシンスやバナナリーフより簡単なことも理由。実際に家具ショップでもラタン家具が一番多い。

 

アジアン雑貨とカーテン、ラグも基本コーディネートはメイン家具のカラーに合わせるのが、ソファー、ダイニングテーブルのカラーをどれにするかが大切。本当にバリ島のテイストなら濃いダークブラウンなので、かなり落ち着ける雰囲気になる。レストランの照明を落として落ち着た感じが好きな方は、バリ家具がいいでしょう。それより、アジアンテイストでライトブラン系であれば日本の部屋にも合うので、最近ではモダン・アジアン家具も人気。カラー、デザインとも和テイストにもマッチしやすいからカラーコーディネートが簡単。しかも、買い足すカーテン、ラグ、雑貨の幅も広がるのでおすすめ。

 

購入前に注意するポイントとしてはソファーのサイズ。基本的に欧米へ輸出するため大きめのサイズになっており、日本の玄関では入らないこともあります。特に3人用ソファーを購入する場合は、少なくとも玄関間口は80CMは必要。ここらへんは家具ショップの方へ事前に伝えておいてほうがいいです。せっかくお気に入りのウォーターヒヤシンスソファーが大きすぎて納品できないのは残念。でも、実際にこのようなケースは年間に数件発生するので、注意するポイントとして覚えておくと役に立ちます。

 

中目黒、吉祥寺のアジアン家具

ウォーターヒヤシンスやアジカン 家具に興味をもったのは、中目黒、吉祥寺のアジアン家具ショップのおかげ。
もともと海外旅行でベトナム、インドネシアなどよくいっていたのですがが、とくにバリのホテルの家具がすきになりました。

 

バリでソファひとつにヒヤシンスは約1000メートルも必要。本当に自然素材って現地で手間がかかる作業だった。でも仕上がったウォーターヒヤシンスのソファーを見た時、それまでの苦労はすべて吹き飛んだ。

 

デザイン、座り心地、天然素材のあたたかさ。ヤシンス家具だけは特別な思い入れも。
最近、目黒通り、新宿、吉祥寺、横浜のアジアンショップへ足を運び、再びウォーターヒヤシンスに再開し、この素晴らしい天然素材家具の良さを伝えたいと思った。

 

家具バイヤーとしてインドネシア、タイ、ベトナムへ足を運び、ウォーターヒヤシンス家具を作ってきた経験を多くの人にシェアしたい。家具業界から離れて6年がたち、そろそろ体験談を書いていい時期にもなった。アジアン家具の良さをひとりでも多くの人に伝えたい。

 

 

アジアン家具はインドネシア(スマトラ、ジャワ)、バリ島、ベトナム、マレーシア、タイなどの
家具工場で生産されています。テイストやデザイン、カラーもそれぞれ特徴があり、好みも分かれるところ。

 

例えばバリ島の場合はカラーがダークブラウンの濃い色で、手掘りのデザイン。素材はもちろんウォーターヒヤシンス。ジャワ島でも同様のソファーもありますが、カラーがちょっと明るくて、ライトブラウン系も多く、素材もウォーターヒヤシンスだけでなく、ラタンも比較的に多い。
ベトナム、タイは華僑、あmたは日系企業の現地工場でハンドメイドで作っているところも。

 

ラタン素材とウォーターヒヤシンス

ラタン素材とアジアン家具についてですが、
日本ではウォーターヒヤシンスよりラタン家具の方が認知度があります。

 

特に旅館などでは籐家具(ラタン)が使用され、
テーブル、チェアーを見かけることが非常に多いのですが、
理由があります。

 

ウォーターヒヤシンスよりラタンは手入れが楽なので、
それほど手間がかかりません。
また販売量が多く、いろいろな種類があるため選択の幅が広いのです。

 

 

ウォーターヒヤシンス ソファーの買い替えで中目黒、横浜に行ってきました。どちらもお気に入りのアジアン家具の専門ショップ。
中目黒の家具通りにあるエーフラットさん。
新宿にも店舗があり、ここもよく通ってます。モダンアジアンのテイストなので、
日本の部屋にもマッチしてコーディネートがしやすい。

横浜はワールドポーターズにあるクワイエット・アワーズ。
ここはがっちりアジアンテイストで、バリ島テイストが好きな方には
コチラがおすすめかと思います。ウォーターヒヤシンス ソファーもダークブラウン系のコーディネート。

 

 

アジアンのTVボードやテーブル

家具和モダンとアジアンインテリアの
コーディネートが人気です。

 

いわゆる「モダンアジアン」といわれ、
和のテイストをいれたデザイン。

 

ローソファ、ローベッドなどの
インドネシア、バリで人気のZENスタイルがこれに近い。

 

ウォーターヒヤシンスのテレビボードは
通販で探しても、数は少ないです。

 

だいたいダークカラーのチーク材で、
シンプルな感じがおおい。彫りがあるものあり。

 

装飾としてウォーターヒヤシンスを使うこともありますが、
ダイニングテーブル、チェア、ソファ、テレビボードの
カラーがだいたいマッチしていればいいのでは。

 

テーブル アジアンだと素材は
ウォーターヒヤシンス、ラタン、バンブー。

 

チーク材のみのシンプルなタイプも
コーディネートーしやすくておすすめ

アジアン家具インテリア

海外旅行でベトナムへいったおきウォーターヒヤシンスの
ダイニングテーブル、ソファ、チェアのコーディネート家具を生産している工場へ行った。

 

デザインーはイギリス人で、ベトナム・ホーチミン工場で生産し、
ヨーロッパへ輸出する家具だった。

 

ウォーターヒヤシンス自体はメコン河から取れるらしく、
インドネシア、タイでもよく見る素材だが、
アジアンテイストのため生産数が限定的なものだった。

 

当時のバリ家具などはダークブラウンで、
手掘りの彫刻がはいったものが主流。

 

いまではモダンアジアン家具も出始め、
日本の部屋でもアジアンインテリアを楽しめる様になった。

 

和とアジアン。

 

絶妙なコーディネートだと思う。

 

アジアン家具のソファーは、
ウォーターヒヤシンス、ラタンなどの天然素材で、
カラーはブラウン色。

 

リゾート家具として人気で、カフェ、オフィスでも使われている。

 

アジアンに和のテイストを用いた、モダンアジアンは
モダン家具の分類で他のインテリアをのコーディネートが出来る点で人気。

 

モダン家具特集でも取り上げれている。

中目黒の人気ショップ!


人気のヒヤシンスソファはコチラ

更新履歴